久本春雄の素描

釧路における先駆的な日本画家・久本春雄(1896-1968)の素描をご紹介する展覧会を開催いたします。

釧路に生まれた画家は、東京美術学校(現・東京藝術大学)に入学後、師・結城素明(1875-1957)のもとで、緻密な写生にもとづいた日本画を学び、卒業制作《村童》(東京藝術大学美術館所蔵)は第一席となりました。卒業後も東京において官展を主に作品を発表。戦後は、故郷の釧路にもどり、後進の指導にあたりながら、生涯にわたって制作を続けました。

本展は、当館が所蔵・管理する400点以上の久本の素描から、約60点を厳選し、一堂に展覧するものです。日本画の制作過程をうかがい知るとともに、画家の観察眼や描写力なども感じ取っていただければ幸いです。

2020年1月4日(土)〜2月9日(日)
10:00~17:00 月曜休館

入館料140円(大学生以下無料
*身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けた方および付き添いの方、65歳以上の釧路市民は無料。

村童

シマリス

スミレ